椿のプリザーブドフラワーについて

「プリザーブドフラワー」とは生花や葉を特殊液の中に沈めて、水分を抜くことで、その花の持つ美しさを半永久的に持続させることが出来る手法です。新たな”郷土みやげ”として大島を代表するヤブツバキを使用し、世界に先駆けて開発、発信していくことで椿の島である伊豆大島の認知度を高める事にご協力させていただければと考えております。